本文へスキップ

今治市にある(有)四国ホームズで、購入(買いたい)・売却(売りたい)及び賃貸についてのよくある質問。

電話でのお問い合わせは TEL.0898-22-1322

〒794-0015 愛媛県今治市常盤町4丁目7−28

よくある質問

賃貸編

Q.入居審査って何?

Q.敷金について

Q.礼金について


売却編

Q.買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

Q.売却の相談前に、準備するものを教えてくれますか?

Q.売却した際、どのような費用や税金がかかるのですか?

Q.売却した際、確定申告が必要となると聞いたのですが本当ですか?

Q.査定を依頼すると、やはり売りに出さないといけないのでしょうか?

Q.少しでも有利に、高めの価格で売るためのポイントはありますか?


購入編

Q.ローンの相談には乗ってもらえるの?

Q.土地を買って、注文住宅を建てたい。どう進めるとうまくいく?

Q.不動産に、いわゆる“掘り出し物”ってあるのですか?

Q.不動産の売買契約に「クーリングオフ」はあるのですか?

Q.購入代金を全て支払うと、間違いなく自分のものになるのですか?

Q.気に入った物件が見つかった時、次はどうすれば?

Q.不動産を購入する際の資金計画についてのアドバイスを下さい。

Q.不動産を購入する際、手付金はどの程度必要となりますか?


賃貸編

Q.入居審査って何?

A.家主さんは見ず知らずの人に部屋を貸すわけですので、きちんと家賃を支払えるだけの安定した収入はあるのかなど、事前にチェックしておきたいのが当然です。
審査方法は、書類の提出や面接。書類には、住所氏名、あなたの年収や勤務先、保証人との関係などを記入します。保証人の年収を聞かれる事もあります。審査結果は、1週間で通知されます。


Q.敷金について

A.敷金とは、賃貸借契約を結ぶときに支払うお金です。
このお金は入居する建物のオーナーに対して預けておくものなので、原則として退去するときに戻ってきます。敷金の額は家賃の概ね1〜3ヶ月分が相場ですが、契約が終了した時に、家賃滞納や入居者負担で部屋の修繕をする必要がある場合には、敷金が充当され、必要な金額を差し引いた上での差額返還となります。


Q.礼金について

A.礼金とは、賃貸借契約を結ぶときに建物のオーナーに対して支払うお金です。
礼金の額は家賃の1〜2か月分が相場ですが、礼金無しの賃貸住宅も増えてきています。
入居する建物のオーナーへのお礼として支払うものなので、退去しても戻ってきません。
礼金の額は物件によって異なります。


売却編

Q.買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

A.まずは、ご自宅の売却金額がどのぐらいになるか、目処を立てた上で購入先の予算を決めます。
売却と購入のタイミングをピッタリと合わせることは、かなり難易度が高いですので、スケジュール調整が肝となります。
可能であれば、新規購入と自宅の売却を一社に依頼する方がスムーズにいくことが多いです。


Q.売却の相談前に、準備するものを教えてくれますか?

A.以下のご所有・売却目的不動産の詳細が分かるものをご用意頂くと、相談がスムーズに進みます。

・購入当時の売買契約書等・関係書類一式・・・現在お手元に保管されている場合で結構です。
・登記済証(権利証・不動産登記権利情報)・・・ご所有不動産の面積や名義人などの確認のため必要です。
・土地の地積図(測量図)や建物の図面など・・・購入後の増改築などその不動産に変更を加えた場合などは、できればその関係書類(図面等)もお願いします。
・物件パンフレットなど購入当時の広告類・・・現在お手元に保管されている場合で結構です。

Q.売却した際、どのような費用や税金がかかるのですか?

A.必要となる諸費用の金額や項目は、実際に売却する不動産やその売却方法によって異なってまいります。


Q.売却した際、確定申告が必要となると聞いたのですが本当ですか?

A.その通りです。売却した翌年に確定申告をする必要がありますので、年末調整で納税している一般のサラリーマンの方もこの申告が必要となります。ご注意下さい。


Q.査定を依頼すると、やはり売りに出さないといけないのでしょうか?

A.現実に不動産を売り出すか売り出さないかは、所有者様のご判断となりますので、参考として頂くだけでも問題ありません。


Q.少しでも有利に、高めの価格で売るためのポイントはありますか?

A.誰しもが、少しでも高く有利に売却したいと考えます。
これを実現するためのポイントとしては、購入希望者にできる限り良いイメージ・良い印象をもって頂くことです。印象が良ければ、それだけ一般に不動産市場動向上、さらには実際の取引価格・条件などの交渉上でも有利に働くと言えます。
また、売却希望者様の所有不動産を、高く評価して頂ける購入希望者を効果的に見い出すことも重要です。


購入編

Q.ローンの相談には乗ってもらえるの?

A.マイホームのご購入に際し、借入する銀行により諸条件も変わってきます。
より良い条件の銀行やお支払いをご提案させて頂き、お客様がご納得いただけるまで親身にお手伝いさせて頂きます。


Q.土地を買って、注文住宅を建てたい。どう進めるとうまくいく?

A.メーカーや工務店を決めたほうがうまく良くと思います。
まずは、自分達の購入予算を知り、どんな家に住みたいか、どんなところに住みたいかをイメージし、建築会社を選ぶところから始めましょう。


Q.不動産に、いわゆる“掘り出し物”ってあるのですか?

A.物件がほかよりも安く売り出されるのには理由があります。
売却希望者の立場で考えてみると、高く売れる不動産を理由もなくわざわざ安くする人はいません。ですから、売出し価格を安く設定する理由として、次の2種類が考えられます。 一つ目は、売却希望者の諸事情により売り急ぐ場合。
2つ目としては、その物件不動産の様々なマイナス要因によって一般相場より安くないと事実上売却できないといった場合です。


Q.不動産の売買契約に「クーリングオフ」はあるのですか?

A.はい。但し「クーリングオフ」が適用されるのは、次の2つの条件を、まず満たしている場合に限ります。
@ 宅地建物取引業者が自ら売主となる売買契約で、その取引相手方(買主)が宅地建物取引業者以外の者であること。
A 通常の契約場所(売主業者の事務所・店舗や仲介業者の事務所・店舗など)以外で、その売買契約が締結された場合。
尚、次の場合は上記@とAを満たしていても、「クーリングオフ」ができなくなります。

・売主業者が購入申込者(すでに買主)に対して「クーリングオフ」できる旨を書面告知してから、8日経過したとき。
・買主が現に物件の引渡しを受けていて、物件購入代金の全額を支払っていたとき。

Q.購入代金を全て支払うと、間違いなく自分のものになるのですか?

A.もちろん、そのための「取引」ですし、そもそもの「売買契約」があります。
通常「残金決済」、「取引」、「決済」、などとそれぞれの場合によって呼んでおりますが、この際には、買主の購入代金支払い完了と引き換えに、建物付きの場合であれば、その物件の鍵類一式や重要書類(建築確認済証などの書類関係)などとともに、その不動産の「所有権」などの権利や、付随する(買主に承継されるべき)義務などが売主から引渡されます。


Q.気に入った物件が見つかった時、次はどうすれば?

A.酷似していたり、類似しているものは稀にありますが、一般的に「不動産の物件には、2つとして全く同じものはない。」と云われております。
『これは!』と感じたり、こう思える物件が実際に見つかって『購入したい』という意思が決まったら、まずその物件を紹介した不動産業者に、その購入の意思を伝えましょう。こういった事が“ご縁”なのだと思います。


Q.不動産を購入する際の資金計画についてのアドバイスを下さい。

A.実際の物件とお客様のご事情等により異なってまいります。
一般的には、お手持ち自己資金として、物件価格の手付金相当額をご準備頂けたらと思います。金額にして不動産購入(売買)価格の10%位です。
そして諸費用も、購入(売買)価格とは別に必要となりますので、不動産購入(売買)価格の10%前後を、さらにご準備頂けたら、安心かと思います。


Q.不動産を購入する際、手付金はどの程度必要となりますか?

A.売主が一般個人など通常の場合には、不動産購入(売買)価格の5%〜10%位が目安になると思います。


店舗情報

有限会社四国ホームズ

〒794-0015
愛媛県今治市常盤町4丁目7−28
TEL 0898-22-1322
FAX 0898-22-8484